Agneau Pascal アニョー・パスカル


復活祭は、フランス語では「パック」Pâques英語で「イースター」Easterといい、文字通りイエス様が十字架にかけられて亡くなって3日目によみがえった事を記念する、キリスト教徒にとっては最も重要なお祝いの日です。

この時期、フランスアルザス地方では子羊型のお菓子がたくさん並びます。
なぜ子羊なのか?
キリスト教にとって最も重要なシンボルで、「過ぎ越しの祭」の際にいけにえの羊を食べる習慣に由来するという説とキリストは罪を取り除く「神の子羊」であるからとの説があるようです。

この短期間だけ作られる素朴なアニョー・パスカル。
是非店頭でご覧ください。
販売期間は3月24日から4月8日位まで(予定)
通常のアニョー・パスカルはふんわりとした軽いビスキュイですが、
メゾプチではアーモンドをたっぷり使いリッチな生地でお作りしています。

ちなみに復活祭は移動祝日で、春分の日の後の最初の満月の次の日曜です。
2012年は4月8日